しましまシマイ

3歳と1歳の娘の育児に毎日奮闘中!

妊娠中に風邪をひいたらどうやって治す!?薬を使わないで早く治すために試したい方法

妊娠中は体力が落ちているので、風邪をひきやすい状態です。自分なりに予防をしていても風邪をひいちゃうこともあるし、一度風邪をひくとなかなか治らなくて長引いちゃうことも…。

 

一番辛いのはお薬を飲めないこと。症状がつらいのに止めることができないので、風邪をひいたらただただ耐えるしかありません。

 

私も妊娠中には何度も風邪をひきましたが、その時に試した方法でなんとか長引かせずに治すことができました。妊娠中に風邪をひいてしまったら試してみて下さいね。

 

 

妊娠中に風邪をひいたら…通院で気を付けたいこと

f:id:yuzukimusyamusya:20190426101927j:plain



妊娠中に風邪をひいたときでも、お医者さんに通院することができますが、その時にいくつか気を付けたいことがあります。

 

産婦人科に通院はできるのか

かかりつけの産婦人科でも妊娠中にも飲める風邪薬を処方してもらるところもあります。

 

ただし、産婦人科には他の妊婦さんがたくさんいるので、マスクを付けたりなど、感染させないような配慮は十分にした方がいいでしょう。

 

インフルエンザなどの感染症が流行っている時期や、そうでなくても高い熱が出ている場合は、産婦人科に通院してもいいか電話で問い合わせをしてから通院します。症状によっては内科を受診するように言われることもあります。

 

内科を受診する場合

内科では、現在妊娠していることを必ず伝えてください。お医者さんによっては、妊娠を理由に内服薬の処方を断る場合もありますが、うがい薬やトローチなどの外用薬なら処方してもらえることもあります。

 

りなみに、私は妊娠中にインフルエンザに感染して内科選びを失敗し、大変な目にあったこともあります。

 

www.hidamariblog.com

 

通院は、なるべくかかりつけの信頼できるお医者さんを選んだほうがいいですよ。

 

妊娠中の体調不良は、体力が落ちているママの体も心配だし、高い熱は赤ちゃんへの負担も考えられるので、できれば通院はしてもらいたいです。しかし、できれば薬にたよらずに治したい場合は、以下の方法も試してみて下さい。

 

妊娠中でも安心!咳の風邪にははちみつ大根


f:id:yuzukimusyamusya:20190426142716j:image

咳って結構長引くし苦しいですよね。お腹にも力が入ってしまうので、お腹の中の赤ちゃんへの影響も心配です。

 

そんな時は、はちみつ大根!驚くほど効果てきめんで、特に喉のイガイガや咳が出る風邪に有効です。「本当にこんなので風邪が治る?」と思うかもしれませんが、1杯目からでも即効性があります!

 

風邪の予防にもいいので、寒い季節が来たら作り置きしておくのがおすすめです。

 

<材料>

大根…1/3

はちみつ…大さじ5くらい

 

<作り方>

  1. 大根は薄めのいちょう切りにして、タッパーなどの容器にいれる。
  2. ハチミツをかける。たっぷりかければ甘めの仕上がりになります。
  3. 半日~1日くらい置いておくと、大根がしわしわになってハチミツがサラサラしてきたら完成です。

 

<飲み方>

ティースプーン3杯くらいをお湯で割ってのみます。体がかなり暖まりますよ。咳がひどい場合は、はちみつ大根のエキスをそのまま飲んでもOKです。

 

<すぐにでも使いたい場合>

はちみつ大根は出来上がるまで時間がかかるので、すぐにでも咳に効果が欲しいという場合は、大根をすりおろしてはちみつをかけ、お湯で割って飲みます。大根の辛みが残っているので少し飲みにくいですが、これでも結構効果はありますよ。

 

風邪による体力の消耗をサポート!栄養ドリンクで滋養を付ける

栄養ドリンクはお腹の赤ちゃんへの影響が心配なので、飲んでもいいものなか分からないですよね。

 

しかし栄養ドリンクの効能の部分には、「産前産後の虚弱体質」などといった表記があるので、妊娠中でも飲めるものなのです。ただし、栄養ドリンクにはカフェインなど摂取しすぎると赤ちゃんにあまりよくない成分も配合されているし、糖分も高めです。1日に飲む量は1本までにしてください。

 

少量でも不安ならノンカフェインの栄養ドリンクもあるのでそちらを選んだり、薬局の薬剤師さんに相談してみるといいかと思います。私は風邪の引き初めこそ体力をつけて早く治したいので、箱に入っているようなちょっと高価な栄養ドリンクを飲んだりします。

 

 

風邪には体を温める食べ物で免疫アップ!

f:id:yuzukimusyamusya:20190426101732j:plain

 

体温をあげることで免疫力をアップできるといわれているので、食事は体を温めるようなものを食べましょう。

 

食欲がない時は、消化に良い温かなおかゆやのど越しが良いうどんなどがオススメ。食事が摂れそうなら、根菜や生姜をたっぷり使った豚汁がいいですよ。

 

先ほど紹介したはちみつ大根のお湯割りをこまめに飲むとか、生姜湯、インスタントのコーンスープも体をポカポカ温めてくれます。コンビニでも買えるものでは、柚子やはちみつレモンのホットジュースも、喉がイガイガしている時にはさっぱりするのでオススメです。 

 

以前紹介したアップルジンジャーも、風邪をひいた時にはいいですよ。

www.hidamariblog.com

風邪をひいたらとにかく水分補給

熱がある時には脱水になりがち。体内の細胞が活発に稼働しているので、水分を届けてあげる意味でも、こまめな水分補給は重要です。粘膜の乾燥も防いでくれます。経口補水液や麦茶、ミネラルウォーターなどで、水分を意識して摂るようにしましょう。

 

眠くなくてもとにかく眠る!体を休めるのが風邪を治す一番の近道

風邪をひいたらとにかく体を休めること!眠くないとつい起き上がったりスマホを眺めたりしてしまいますが、それだけでいつも以上に体力を使ってしまいます。スマホのブルーライトは睡眠の質を下げてしまうし、熱がある時は少しいじっただけでも眼精疲労が貯まりやすいです。

 

眠くなくてもなるべくお布団で横になります。飽きてしまうようなら、せめてスマホではなく少し離れてテレビを見て過ごすようにしてみてください。

 

まとめ

妊娠中に風邪をひいたら

  • 通院できそうならお医者さんに見てもらう
  • 咳の風邪にははちみつ大根
  • 栄養ドリンクで滋養を付ける
  • 暖かい食べ物で免疫アップ
  • 水分補給をしっかり行う
  • 眠くなくても体を横にして休める

以上が私が実際行っていたことです。妊娠していなくても風邪を治したい時には試したい方法ですが、薬が飲めないからこそ、お腹の赤ちゃんのためにもいつも以上に意識してしっかり休むようにしていました。

 

高い熱があがってしまうと、ママも辛いですがお腹の中の赤ちゃんも辛いって聞きますよね。妊娠中の風邪は早く治してしまいましょう!