しましまシマイ

3歳と1歳の娘の育児に毎日奮闘中!

アップルジンジャーで体の冷えを撃退!飲んだら体が温まるドリンクの作り方

 

体の冷えを今すぐ何とかしたいなら『アップルジンジャー』がおすすめ

f:id:yuzukimusyamusya:20190214160046j:plain

寒~い冬、外から帰ったら体が冷え冷え!今すぐ体を温めたいけど、ストーブに当たっていてもなかなか暖まらないことってないですか?

 

そんな時にオススメしたいのが、簡単手軽に作れるアップルジンジャーです。

 

あったかいドリンクを体に取り込むことで、体の内側からホカホカしてきますよ。

 

生姜を使ったレシピって苦手という方もいるかもしれませんが、リンゴとハチミツの甘みが強く、飲みやすい味となっています。

 

体の冷えが気になる方は、アップルジンジャーの魅力についてぜひとも見ていってくださいね。

 

アップルジンジャーが冷えに効果があるワケ

☑生姜の効能

f:id:yuzukimusyamusya:20190214155621j:plain

生姜が冷え性に効果があるというのは有名な話。寒くなると生姜を使った料理や生姜湯などの飲み物が欲しくなりますよね。

 

生姜の辛味の元のシンゲロールという成分には、血流の改善効果のほか、免疫力を高めてくれたり、疲労回復、医療の働きの改善、殺菌効果、加温効果なども。

 

さらに生姜を加熱すると、シンゲロールはショウガオールという成分に変化し、体の深部の体温を上げる、血行促進作用、抗酸化作用などの効能が表れ、より冷えには効果を発揮してくれます。

 

またシンゲロンという成分には、血行促進作用や発汗作用、加温作用、抗酸化作用、脂肪分解作用などがあります。

 

☑リンゴの効能

f:id:yuzukimusyamusya:20190214155704j:plain

1日1個のりんごは医者を遠ざけるという言葉がありますが、リンゴは栄養が豊富な食材。でも果物って体を冷やしそうなイメージがありますよね。

 

しかし、寒い土地で収穫され寒い時期が旬を迎えるリンゴは、漢方の観点からみると体を温めてくれる食材なんだそう。特に熱を加えたリンゴが良いそうですよ。

 

アップルジンジャーを作ってみよう!


f:id:yuzukimusyamusya:20190214160741j:image

材料

リンゴ 1/4~1/2個

生姜チューブ 1cmくらい

ハチミツ 小さじ1

レモン汁 小さじ1/2(あれば)

水 100cc

 

作り方
  1. リンゴをすりおろす。甘めが好みの方はたっぷりすりおろして。
  2. 1にレモン汁を加えて混ぜます。
  3. 生姜、ハチミツ、水を加え、よく混ぜます。
  4. 電子レンジ(600w)で1分30秒温めます。

 

ポイント

レモン汁はリンゴの変色を防ぐのに効果アリ!ハチミツは冷えの改善に直接効果があるわけではないですが、甘みを出して美味しくしてくれます。殺菌効果や疲労回復効果があり、風邪の予防にもいいです。

 

アップルジンジャーを実際に飲んでみて

 

私が住んでいる地域は冬が厳しいです。外から帰るとストーブにあたっていてもなかなか体の芯から暖まらないし、もともと冷え性だった私はお風呂やお布団で暖まるまでずーっと寒いなんてことも。

 

台所の床は冷気が流れてきて、長時間立っているのが辛いくらい寒い!

 

そんな時、体を温めてくれる食べ物が入っているアップルジンジャーを飲むと、体の底からポカポカしてきて、温かさが持続します。

 

長時間ダラダラとストーブに当たっているより即効性があるので、寒い冬にはもってこいのドリンク。簡単に作れるし、冷えが辛くなってきたときは、私はいつもアップルジンジャーを作って飲んでいます♡

 

冷え性が辛いという方、今すぐ体を温めたいという方、ぜひ試してみて下さいね。