しましまシマイ

3歳と1歳の娘の育児に毎日奮闘中!

1人目出産72時間の大難産だった私が2人目出産を4時間の安産にするために行った5つのこと

1人目が大・大・大難産でした

f:id:yuzukimusyamusya:20181109162546j:plain

私は2人の娘を出産していますが、1人目の時は72時間の大・大・大難産でした…。72時間、まる3日。5分おきの陣痛に耐え、睡眠はおろか、食事も喉を通らず。トイレに行くのさえ一苦労だったのに、看護婦さんには

 

「陣痛促すために歩いて歩いて!」

 

「ほらスクワット!」

 

…これ、なんの拷問ですか(笑)状態。

 

痛い痛いと叫ぶ私に、

 

「痛くない痛くない!そんなに痛がっちゃ、他の妊婦さん不安になっちゃうでしょ!」

 

いや、無理です!!!痛いです!!!

 

最終的に陣痛が弱まってしまい、土曜日の午後にようやく促進剤を使ってもらえ、そこからはスピード出産。(先生の診察終わってからの出産です)

 

ふんばる力も残ってない!って思ったものの、吸引も切開もなくなんとか出産できました。

 

…切開してもらえなかったんです。ひぃぃぃ。

 

産後も座ること、トイレがキツイ…と大変な思いをしました。

 

これから出産する方にはちょっとビビらせてしまうお話をしてしまいました。ごめんなさい。

 

『安産のためにできること』って、沢山あります。たまごクラブとか赤すぐなんかの雑誌は買いましたか?安定期に入って体を動かすことが可能だったら、雑誌に載っている体操などを試してみて、出産に向けた体作りをした方がいいです。

 

私は、1人目の時めんどくさがりました。保育園で働いていた=体動かしてるしいいかなって。産休入ってからはダラ生活です。

 

その結果の難産です。2人目出産はこうはなるまい…妊娠が分かった時、心に誓いました。

 

長くなりましたが、私が2人目を妊娠した時、安産になるなら!と試した5つの方法を紹介します。

 1.とにかく歩いた

1人目出産のときから、助産師さんとの面談で「歩いた方がいいよ~。」とアドバイスを貰っていました。雑誌にも、ウォーキングは良いと書いています。

 

なので、2人目出産の時は安定期に入ってから毎朝早く起きて歩きました。

 

朝歩いた理由は

 

  • 上の子を見てもらうため、旦那の出勤前に歩いた
  • 体調に変化があっても、旦那がいる時間だと安心
  • 夏場は暑くなる前に外に出た方がいい
  • 朝のうちに体を動かすと、一日の調子も良くなる

 

など。

あと、人に見られるのが恥ずかしい…って理由もあったんですが、田舎なのでみ~んな朝は早いんですよね。近所のおばあちゃんとか朝6時には畑にいるから、よく話しかけられました。

 

夕方には娘ともゆっくり散歩。一日に3キロくらい歩くのを、週4回は行うように心がけていました。

 

冬生まれの赤ちゃんだったので、寒くなってからはとにかくショッピングモールを無駄にってくらい歩き回りました。出産の前日も買い物してたなぁ。

 

2.なるべく階段を使う

買い物に行っても、なるべく階段を使うように心がけていました。上の子がいるので使えないこともありましたが、旦那や母が一緒の時は私だけ階段を使うことも。

 

駐車場も、わざわざ2階に止めて階段使ったりもしましたが、お腹が大きくなると危ないので、なるべく手すりを使うように気を付けました。

 

※歩く・階段を使うことの注意点として、買い物に行った際は重たい荷物は持たないこと、お腹が張ってきたら無理はしないことなどは気を付けていました。

 

3.スクワットをする

たまごクラブに、安産のために行うといい体操などがいくつか掲載されていました。なんだかむずかしそうなので、私は分かりやすいスクワットだけ試すことに。

 

椅子や壁につかまりながら、ゆっくり立ったりしゃがんだりする方法です。テレビを見ながらでも簡単に行えるし、天気が悪くてウォーキングができない日なども行える運動なので、続けやすくてオススメですよ。

 

スクワットのおかげかどうかは分かりませんが、2人目出産の時は下半身にしっかり力をいれることができ、1人目の出産より力みが違ったかなと実感しています。

 

4.安産に効果があると言われているお茶を毎日飲んだ

『AMOMA』 から販売されているハーブティーシリーズ。長女の時は授乳に効果があると言われているミルクアップブレンドにかなりお世話になりました(ミルクアップブレンドは、母乳の出が気になるママが飲むといいと言われています)。

 

私はミルクアップブレンドの効果を実感できたので、今度は妊娠準備のためのお茶と言われているラズベリーリーフティーを、8ヶ月のころから毎日飲みました。

 

もうあの難産は経験したくない…試せるものはなんでも試そう!という思いで。

 

味は意外と飲みやすく、美味しい!ミルクアップブレンドは正直飲みにくい味だったので、毎日続けやすいというのはありがたかったです。

安産ハーブティーの「ラズベリーリーフティー」  

 

5.安産のツボを押す

私の自治体では、町の保健師さんが出産前にも訪問してくれます。何か心配事はない?と聞かれたので、「絶対安産で生みたいです。」と、保健師さんも返答に困るであろう相談をしました

 

(ちなみに、病院の助産師さんとの面談でも同じ質問しています。「経産婦だから大丈夫だよ~」って言われちゃいましたけど(笑)

 

そしたら、「本当に効果はあるか分からないけど、安産のツボがあるよ!」って教えて貰いました。

 

三陰交という、足首の内側にあるツボで、くるぶしの上から指4本の所にあるツボです。

 

保健師さんも、そこを押して早産になったらいけないので、8ヶ月すぎて出産が近くなったら試してみてねってアドバイスをくれました。テレビを見ながらとか、たまに押してみてました。

 

5つの方法を試した結果、2人目は4時間の超安産に♡

以上の5つの方法を試した結果、2人目は陣痛から4時間の超安産でシュルっと生まれてきてくれました!

 

なんと、切開ナシでしたが傷もできず、産後も順調に回復。経産婦というのもあるのかもしれませんが、「あれ?陣痛かな?」と思ったらあっという間に2分間隔に!

 

病院に着くころには看護婦さんたちも慌ててしまってて、でも本当に痛くなったのは出産直前。長女の時と比べると大・大・大安産。

 

…2年前のあの大変さはなんだったんだって思いました。

 

出産に向けた体作りのために

f:id:yuzukimusyamusya:20181127144422j:plain

私が出産前に行った5つのこと

 

  1. とにかく歩く
  2. なるべく階段を使う
  3. スクワットをする
  4. ラズベリーリーフティーを飲む
  5. 安産のツボを押す

 

どれが効果があったのか、また、本当にこれらが効果があったのかは分かりませんが、出産の体力がついたなぁというのは実感している部分です。

 

陣痛、本当にキツイです。けれど、出産前の努力でちょっとでも楽になる可能性もあるなら、私は頑張ってみてもいいかなって思います。